FC2ブログ
2019.01.20 捕獲網購入
ノラの藤原くんは 縁台のカゴに

すっぽり入る毛布と ホットカーペットで

ヌクヌク!!



そして、缶詰が欲しくなると、サッシから家のなかを覗き、ずーっと待っている。


その目をみていると ついつい、餌をあげたくなる。


ハルにはガリガリになったのに、
随分と太りました。


どちらかというと、ゴツイいかつい顔の猫である。

寝ている間にカゴの蓋を閉めて捕まえたいが、警戒心が強くて失敗!!!!(⊃ Д)⊃≡゚ ゚



とても大きな魚取りの網を買ってきたが、やはり、警戒。


今回の捕獲には自信があったのだが、
この調子だと 危ういなぁ~。


大きな網、出費3千数百円也。

スポンサーサイト

1月30日の 北本市 TNR活動に向けて

ねこ組 私とぬこさんで、

地元北本市と隣町 関連施設(公民館関連)
十数か所に、ポスターの掲示のお願いに
伺いました。

*北本市 全施設 OKで掲示して頂けることとなりました。

*桶川市 ポスターを貼ってよいか上に伺いを
立てる為に 申請書などを書くケースが少なくなかった。
掲示していただけたかどうかは不明。

桶川市に住む、ぬこさんが

「私たちの税金で、立派な市役所を建て直したのだから
 紙の1枚くらい張らせてくれたって
 いいじゃない。うちの税金だって サッシ1枚分には
 なっているよ」と

独り言を言っていたのが笑えた。


他、ぬこさんが チラシを持って
近所を少し回った。

野良猫に、餌をあげている方が
いるとの情報を得て
そこのお宅に、ぬこさんが行きました。(私 車待機)

アパートで2匹の野良猫に餌をあげているとのこと。

北本市でのTNRの事と去勢 避妊の重要性を伝える。

理解してもらい、好きにしてよいと言っていただきましたが

生活保護でお金は出すことが出来ない、、、とのこと。

本意ではないですが、そう言われちゃ 仕方ない。

2匹程度でしたら、私たちが肩代わりする予定です。

TNRの数日前から、捕獲予定。うまく捕まることが出来ると良いです。

(今まで ねこ組で保護した猫は 色々な事情で全頭
 犬猫みなしご救援隊の栃木拠点の終生保護をお願いしていましたが
 今回は、リリースです。)


冬彦。

1月初旬に 捕まえた冬彦。

超凶暴です。顔があえば シャ~と威嚇して

高速猫パンチを放ってきます。

ただ、食べてくれるので

そこは安心です。前回の春彦は ほとんど

食べてくれなかったので。

顔が合えば シャ~~っと威嚇してくるが

そうでないときは、結構 可愛い 鳴き声をだす。

その意味が

「出せ~~」なのか

「旨いものくれ~」なのか

「トイレ交換してくれ~」なのか

不明。


*今回の北本市TNRを企画し
 全ての根回しをしている
 チームMKさんが
 北本市と吉見町の境に流れている
 荒川沿いの家を周ってきたとのこと。

結構 多くの野良猫を見たとの事。

歩いている人に声をかけて 数匹
予約を得たとのこと。

北本市も街中では 車の往来が激しいので
猫はあまり出没しませんが
少し離れ、自然が豊かなところになると
野良猫は、多いとのこと。

餌やりさんに、

TNRをする了解を得ても、

お金を渋るパターンも少なくないので

そこは常に壁となる。

海外は 生活と信仰心 宗教が密接に関わっていることもあり
金銭的に富めるものも 貧しきものも
比較的 抵抗なく むしろ積極的に 寄付をするイメージがありますが
日本では そういう概念がなかなか定着していない。
島国であること 良くも悪くも、
宗教観が薄いこともあり
直接リターンがないと お金をだしたくないという様な
「損得勘定」の意識が全般的に少し強い
民族だと思うようになってまいりました。


*ちなみに先日の18日の時点で
 予定の100匹の予約分は
 一旦 埋まったらしいです。


さて
いつも 濃密な記事を書かれている
中谷さんですが

特に 直近の

1月13日 栃木拠点

1月16日 移動中

1月17日 広島本部到着

の記事は、本当に皆さまに御覧いただきたいです。

色々感じて頂きたいです。

どうぞ、宜しくお願いいたします。


17日のブログを読んでいただきましたら
分かりますが
おそらく この寒空の中に
捨てられ 水も飲めず 餌にもありつけず
凍えて死んでいった黒猫の話が載っています。

家で飼っていた
家猫は、自分で生き抜く術を知りませんし
また冬は餌になるような生物もいません。
捨てる→死が ほぼ高い確率で直結いたします。

一時 飼っている動物を捨てることによって
負担がへり 生活は楽になるのかもしれませんが、
その代償に
自分という人間性を著しく下げていることと
いつか 我に返る日が来て
自分がした過ちに苦しむ事を考えても
どう考えても、飼っている動物を捨てることは
やめたほうが良い。
やっていることは、殺処分とほぼ同じだ。
自分が直接 死ぬ姿を見なくて良いという理由であれば
より質が悪い。
お金は多少かかりますが、犬猫みなしご救援隊が
生涯 手厚く面倒を見てくれる。
これ以上の免罪符があるだろうか。


*たかだか 動物 もしや
 犬畜生 猫畜生と考えていないだろうか。
 もしかしたら 犬や猫は人間のような
 感情を持っていない畜生だと考えていないだろうか。
 私のお客様で 宮崎県で 多くの猫を保護し
 共に生活しているM様とメールを交わす機会がありました。


 
猫の脳の構造は90%以上 人間と同じで大脳皮質は犬の2倍です。
このことから、人間同士と同じように心を通じ合うことができるということを
義務教育で取り入れてほしいです。また、イエネコは人為的に作られた動物なので、
例外なくネオテニー(幼児形成)であり、一生涯 母親(飼い主)の愛情を求めるということも知ってほしいです。
猫と暮らしていれば自然に感じることと思いますが、暮らしたことのない人は分からなくて当然なので、
小学校から家族動物の授業を取り入れるようにすれば、少しずつ意識が高くなっていくかもしれませんね。


との内容でした。

より多くの方に
ご理解いただき、

損得の計算高さや
自己実現のことだけを教える世の中ではなく
このような 命を尊ぶ 道徳的な観念を
もっともっと重要視する世の中になってほしいと
心から思います。


動物を平気で捨て
動物を自分たちの都合で→快適に生活したいというそれだけで
殺処分する国が ”先進国”とは決して思えない。


日本より遥かに貧しく
遥かに野良が多い国でも
動物を殺さずに大切にして
共存している国は多いと思います。

中谷さんの1月16日
移動中のブログでの
ブルガリアでの野良との共生事情を
読んでいただきましたら
そうなのか~と分かって頂けると思います

散々 動物の肉を喰らい
当物の毛を剥がし
動物実験の実験台として命を奪い
恩恵を受けてきたのに
いざ 動物が庭先でフンをした
鳴き声が煩いなどで
クレームをつけ
「殺せ」というのは
余りにも了見が狭いのではないか。

自分ちの庭
自分ちのエリア
自分の所有物

所有観念が強すぎではないだろうか。

地球は、動植物は人間だけのものではない。
そもそも人間だけの所有物など
鼻からない。



明けまして おめでとうございます。

本年も 皆さまにとって 良い年になりますよう
お祈り申し上げます。


まずは前回のブログと同様に
1月30日に北本市で行われます
犬猫みなしご救援隊のTNRの告知を
させていただきます。

どうぞ宜しくお願いいたします。


IMGP3740.jpg

IMGP3746.jpg


IMGP3748.jpg


IMGP3751.jpg



地元を中心とした 野良猫たちが
集まる事が 想像されますが

前回の(2018 10月3日) 埼玉県 行田市TNRでは

市外や県外(千葉県等)からも たくさんの猫が集い

手術し、元の地域にリリースすることができました。






*TNRの必要性

野良猫は 1年に数回 1回に数匹の赤ちゃんを産みます。
野良猫として生まれた子猫は、
寒さ 暑さ 飢え渇きによる極端な栄養不足 様々な病気による苦しみ痛み 事故 虐待などで
生きていくには、余りにも過酷な環境にあります。
不幸な命を増やさない為に TNRの必要性のご理解を頂きましたらと思います。

(地域の人に餌をもらっている猫も
 大抵は安価で低品質が多いのが現実です。
 低品質の餌を食べている猫は慢性的に
 栄養不足で外見は大丈夫そうでも
 身体になんらかの不調を抱えている場合が多いのです)



*価格 当日の手順等は
 上記 チラシの 矢野様か保泉様(ほずみ様に
 お問い合わせください。

 ishiya@oregano.ocn.ne.jp

  ↑ 私(樫田)でもOKです。


(手術 ワクチン のみとり その他病気やケガの箇所があれば
 その場で治療いたします)一般動物病院の数分の一の価格です。


不幸な野良猫が増えない為の
避妊手術の必要性をご理解していただけます
読者の方には、可能でしたら
皆さまのSNS等の媒体で 情報の拡散を
お願いできましたらと思っています。

どうぞ、宜しく御願いいたします。


(現実的に、お読みくださった県外の方が
 当日に野良猫を持ち込んでの
 御参加される可能性は極めて低いと思います。
 しかし 犬猫みなしご救援隊による
 同活動が現在、埼玉県で展開され始めていることが、
 共通認識をもった県内外の方の目に触れるだけでも
 意味があることだと考えております。)
 




野良猫、冬彦(石川家宅 保護野良猫 夏彦と同じ柄で冬に捕獲した由来となります)

の捕獲に成功した。

雄です。君は、1月30日 の 犬猫みなしご救援隊のTNRに参加だよ(笑



2019010613115500 (004)


とても健康そうで

&凶暴です。 

シャ~~~~~~~~~ッと威嚇し

超高速な猫 パンチを繰り出します。怖い 怖い。

この凶暴さ。。柄。。

おそらく 10月に 去勢手術をし 犬猫みなしご救援隊の栃木拠点に
終生保護依頼をした 春彦の兄弟である可能性が十分にあります。

美味しいものあげるから
静かに、していてね♡








釈尊の弟子 中谷さん


私の年末の最後の笑いは

中谷さんの動画でした。

その一言に爆笑です。

みなしご庵 12月30日

雑木林の整備 動画

動画のタイトルは

朽ちた木

です。

中谷さん
一時 話題となった 騒音おばさん(奈良騒音障害事件)
のように 大声で木の上部を伐採する
田原さんに怒鳴っています。

怒鳴っているのですが、、、、、
その内容がめちゃめちゃ 平和的で可愛いのです。

だから、
中谷さんファンはやめられませんよ。


*話題となった騒音おばさんのやった事は
 どうやら復讐だったようです。
 日本の法的には許されず
 加害者とされていますが
 それ以前に、被害者とされる人や関連する組織から
 度重なる嫌がらせをされていたという
 情報を多く見聞いたします。
 その真相を知ることは出来ませんが
 直接、自分が知り得ない情報を見聞きして
 感情的なリアクションで善悪を決め付ける事は
 出来るだけ避けるよう心掛けてゆかなければと
 思う次第です。



中谷さんって

個性や我が

強烈。。。だと思う方

多いと思いますが、

私からすれば

個性とは少し異なるかもしれませんが

「自意識」は極めて薄い方だと思います。

ブログや画像 動画を拝見していると

自分をよく見せようとしたり
意図的に 魅せようとする作為的な
ものを微塵も感じさせません。


自意識が少ない方は
軽やかな美しさがありますね。

反対にどんなに着飾っていて
外見が華やかでも
自意識が強すぎると
底が見えてしまうようで
その方の魅力が褪せてしまうような気がします。



財や自分の欲楽を捨て
安住する家を持たず
ボロボロの服(失礼)に
ボロボロの御座のような寝具?で寝て

野良猫や野良犬を
殺生から守る為に全国を奔走し

(最近のブログでお遍路できていない事を
 懺悔しておりましたが
 個人的には、野良猫を救う為に全国を回っている
 活動は ”お遍路”そのものであり
 それ以上の価値があることだと思いました)

寄付や頂きものの野菜や食べ物で

生活をする。。。。


私が言うのも
恐縮ですが

まさに

明王の姿をした(失礼)
釈尊の弟子

と、、、


いつも思うのです。



2019 犬猫みなしご救援隊 手帳


IMGP3965.jpg

IMGP3966.jpg


犬や猫に混じって 亀 1ッ匹というのが

可愛いです。(笑


IMGP3971.jpg


IMGP4070.jpg


中谷さんの字です


以前 絵心がないよいな事を書かれていましたが
将来 御隠居し ゆっくりとする時間ができたら

中谷さんには

犬や猫が登場する 禅画を
描かれたら素敵だと思います。

中谷さんが描く絵は
性格的に
衒いがなさそうなので
禅画にピタリだと思います。
それこそ侘びが効いた
味わい深い禅画になることは
想像に難しくないです。

ちょいちょい そう思います。

購入希望者も多いと思います。



2019年 1月30日 

NPO犬猫みなしご救援隊による

埼玉県 北本市 駅前にて

猫の去勢不妊 手術 TNRが開催されます。

以下が
実行委員のチームMKさんが
作成されたチラシとなります。




IMGP3740.jpg

IMGP3746.jpg


IMGP3748.jpg


IMGP3751.jpg



地元を中心とした 野良猫たちが
集まる事が 想像されますが

前回の(2018 10月3日) 埼玉県 行田市TNRでは

市外や県外(千葉県等)からも たくさんの猫が集い

手術し、元の地域にリリースすることができました。






*TNRの必要性

野良猫は 1年に数回 1回に数匹の赤ちゃんを産みます。
野良猫として生まれた子猫は、
寒さ 暑さ 飢え渇きによる極端な栄養不足 様々な病気による苦しみ痛み 事故 虐待などで
生きていくには、余りにも過酷な環境にあります。
不幸な命を増やさない為に TNRの必要性のご理解を頂きましたらと思います。

(地域の人に餌をもらっている猫も
 大抵は安価で低品質が多いのが現実です。
 低品質の餌を食べている猫は慢性的に
 栄養不足で外見は大丈夫そうでも
 身体になんらかの不調を抱えている場合が多いのです)



*価格 当日の手順等は
 上記 チラシの 矢野様か保泉様(ほずみ様に
 お問い合わせください。

 ishiya@oregano.ocn.ne.jp

  ↑ 私(樫田)でもOKです。


(手術 ワクチン のみとり その他病気やケガの箇所があれば
 その場で治療いたします)一般動物病院の数分の一の価格です。


不幸な野良猫が増えない為の
避妊手術の必要性をご理解していただけます
読者の方には、可能でしたら
皆さまのSNS等の媒体で 情報の拡散を
お願いできましたらと思っています。

どうぞ、宜しく御願いいたします。


(現実的に、お読みくださった県外の方が
 当日に野良猫を持ち込んでの
 御参加される可能性は極めて低いと思います。
 しかし 犬猫みなしご救援隊による
 同活動が現在、埼玉県で展開され始めていることが、
 共通認識をもった県内外の方の目に触れるだけでも
 意味があることだと考えております。)
 






ねこ組
本日、上尾市の2匹のねこを亡くしたかたより、



ねこちぐらと、新聞紙、猫の砂をご支援いただきました。



気に入っているようです。

いつもありごとうございます。